美容系の資格として広く知られているのは、美容師と理容師です。2つともに国家資格の取得が必要で、ヘアカット、パーマ、染毛などが行えます。



ただし、2つの資格には若干の違いがあって、まつ毛のエクステは美容師にしかできませんし、顔そりは理容師だけができることです。それぞれに、専門の学校に通って知識と技術を身に着けて、試験に合格して資格を取得します。その他にもリンパマッサージの技術の資格など民間の資格などもあります。



このほかにも民間資格ですが、美容系の資格としてネイリスト技能検定、認定エステティシャンも人気のある資格です。



ネイリスト技能検定では、爪や化粧品に関する知識とネイル関する深い知識を問われます。実技試験もあり、ネイルアートやつけ爪の技術もチェックされます。ネイリストになるためには、特別な資格は必要ありませんが、資格を取得していると就職するときにも有利で、お客さまにを技術と知識を身につけているとお客さまにアピールできるでしょう。



認定エステティシャンもエステティシャンとして働こうと考えているなら、資格しておきたい資格です。ボディケア、フェイシャルエステなど直接肌に触れることになる職業のため、資格があるとお客様に安心感を持ってもらえるでしょう。