妊活ブログを書いていました。

いろいろな方のブログを読んだり自分のブログを書いて思うことは、ブログは日記とは違うということです。確かに日記のような要素もありますが、日記は自分しか読まないもの、それに対してブログは人が読むもの。つまり、その背景までしっかり書かなければ、読み手は意味が分かりません。もちろん、その分野の人が読めば分かる、その分野の人に伝われれば良い、というものならば問題ありませんが、太くて多数の人に見てもらいたいと思う場合は背景の説明を省いてはいけません。

また、言うまでもないことですがしっかり日本語を書くこと。意外に、例えば主語と述語がずれていたり、敬語が間違っていたり、漢字の変換が違うなんてこともあります。また、助詞が抜けていることもよくありますね。これは非常に見にくいですし、それがもし、例えば(あまり良くない例ですが)死産のブログ等ならば「気が動転してるのかな」と捉えられますが、まじめなブログで日本が頻繁に間違っていたら、読みにくい!という印象を与えてしまいます。