日本には海外から多くの観光客が来ているので、日本語だけ話せればいいわけではないです。以前、駅で何かを英語で聞かれたときのことです。何を聞かれているのかさっぱり分からないため、おそらく行き先を言っているに違いないと推測して駅名だけでも聞き取れないかと頑張ってみたものの、速すぎて全然分かりません。

 

頭に「?」を浮かべているだけでは相手にも失礼なので、何とか「don’t understand」と拙い英語を話すと、今度は別の単語に言い換えてくれます。どうやら単語が分からないから伝わらなかった、と理解されたようでした。しかし話すのが速いために聞き取れないことが原因なので、別の単語になるとさらに混乱してしまいました。

 

そこで今度は「ゆっくり話して」とアピールすることにしました。と言っても自分の英語力ではとっさに文章を作ることなどできないため、「more slowly」ということだけが伝わるように言葉をつなぎました。ようやく相手も理解してくれたようで、簡単な単語でゆっくりと話してくれました。何のことはない、どこどこに行きたいがこの電車で大丈夫か?ということでした。分からないときはまず「ゆっくり話して」とアピールをするのが大切と学びました。

 

日本に住んでいるのだから日本語だけしゃべれば問題ないと思っていると海外の人に話しかけられた時に困ってしまいます。そのため、簡単な英語でいいので少しはしゃべれるようになっておくことが肝心です。私は以前都内で買い物をしていた時に、海外からの旅行者に話しかけられたことがあります。私はその時はほとんど英会話ができない状態だったのでおどおどしてしまいました。

 

近くにいた人が私の代わりに外国人の対応をしてくれたのですがとても流暢な英会話でした。その旅行者は郵便局を探していて、道案内をしてくれた人に感謝していました。私は英会話ができるようになって困っている旅行者を助けたいという気持ちになりました。ペラペラ英語を話すのは無理でも少し努力すれば誰でも道案内ぐらいはできます。私は自分で教材を買って英会話の練習をしているので今度外国人に話しかけられたら簡単な通訳をしたいと考えています。

PR|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|貯蓄|初値予想||生命保険の口コミ.COM|心の童話|内職 アルバイト|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|童話|英語上達の秘密|GetMoney|ショッピングカート|