PR | 札幌で通いやすい英会話 |

エステティシャン養成スクールに通う事によってエステティシャンになることができるようになります。できれば資格を取得できる認定校にしましょう。エステティシャンには養成スクールがありますから、そうしたところで必要になってくる知識や技術を学ぶことによって資格取得の条件を満たす事ができるようになります。

スクールでどんなことを学ぶのかと言いますとエステの理論もそうですし、実際にやってみることも当然あります。フェイシャルエステ、ボディエステあるいは脱毛などの技術を身につけることによってエステティシャンとしての採用をしてもらうことができるようになります。カリキュラムを修了することによって試験を受けることができるようになります。姪っ子は東京でネイルの専門学校に通い、無事カリキュラムを終了しました。

認定資格ではあるのですがその資格がないとなかなか雇ってもらうことができないということが多いですから注意しておきましょう。自分の得意とするエステという部分があったりすると売り込みをしやすくなったりしますのでお勧めできるやり方ではあるのですがあくまでそれは独立した後の話であり、お店で働くということになりますと自分が何を得意としているのかなんてことはあまり気にされませんし、アピールしてもいけないということがあったりしますのであくまで店のサービスを完璧に提供することができるようにする、ということをまずは目標にするとよいでしょう。

最終的に独立してエステサロンを作るということもあるわけですが金銭的な問題はあるとしても実力的には十分に独立しても問題ないという人が割と多かったりします。しかし、やはり金銭的な部分が大事になります。 ですから、まずはコツコツと店で働き、独立のための資金を貯める、ということが流れとしては目標とするべきことの一つであるといえるでしょう。もちろん、ずっと勤め人ということもよいのですが割りと若い人のほうが重要視されることが多いので覚悟しておいたほうがよいでしょう。

日本には海外から多くの観光客が来ているので、私が働いているエステサロンでも日本語だけ話せればいいわけではないです。以前、駅で何かを英語で聞かれたときのことです。何を聞かれているのかさっぱり分からないため、おそらく行き先を言っているに違いないと推測して駅名だけでも聞き取れないかと頑張ってみたものの、速すぎて全然分かりません。ロサンゼルスに留学していた友人であればこのような時も流ちょうな英語で案内できるのだろうと思いました。

頭に「?」を浮かべているだけでは相手にも失礼なので、何とか「don’t understand」と拙い英語を話すと、今度は別の単語に言い換えてくれます。どうやら単語が分からないから伝わらなかった、と理解されたようでした。しかし話すのが速いために聞き取れないことが原因なので、別の単語になるとさらに混乱してしまいました。

そこで今度は「ゆっくり話して」とアピールすることにしました。と言っても自分の英語力ではとっさに文章を作ることなどできないため、「more slowly」ということだけが伝わるように言葉をつなぎました。ようやく相手も理解してくれたようで、簡単な単語でゆっくりと話してくれました。何のことはない、どこどこに行きたいがこの電車で大丈夫か?ということでした。分からないときはまず「ゆっくり話して」とアピールをするのが大切と学びました。

日本に住んでいるのだから日本語だけしゃべれば問題ないと思っていると海外の人に話しかけられた時に困ってしまいます。そのため、簡単な英語でいいので少しはしゃべれるようになっておくことが肝心です。私は以前都内で買い物をしていた時に、海外からの旅行者に話しかけられたことがあります。私はその時はほとんど英会話ができない状態だったのでおどおどしてしまいました。

近くにいた人が私の代わりに外国人の対応をしてくれたのですがとても流暢な英会話でした。その旅行者は郵便局を探していて、道案内をしてくれた人に感謝していました。私は英会話ができるようになって困っている旅行者を助けたいという気持ちになりました。ペラペラ英語を話すのは無理でも少し努力すれば誰でも道案内ぐらいはできます。私は自分で教材を買って英会話の練習をしているので今度外国人に話しかけられたら簡単な通訳をしたいと考えています。

PR|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|英語上達の秘密|健康マニアによる無病ライフ|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|英会話ノウハウ勉強会